Skip to content

恋愛失敗談

喪女の私が焦って初体験した話・・・

私は現在23歳。彼氏いない歴19年。

趣味はライブに行くこととお酒を飲むことです。
女ざかりの23歳、もちろんお酒を飲みに行けば花が咲くのは恋愛話…。

彼氏がずっとおらず、もちろん処女である私はそういった話題についていけず、
恋愛話が出るたびに焦りを感じていました。

そんな私が焦って初体験をするに至ってしまったお話です。

新社会人として仕事を始めた5月のことでした。
新生活の近況報告をするために、久々に会う大学の女友達と飲み会を開き、楽しいひと時を過ごしました。

私が宿に選んだのは、大学の後輩の男の子の家。
飲み会の会場が隣県だったため、また初任給ももらいたてであまりお金も使いたくなかったため、
という言い訳で、久々に連絡を取り泊めてもらうこととなったのです。

その後輩の男の子とは、大学生だったころ、彼が私のことを好いているというよくあるうわさが流れていました。
何度かおうちデートもしましたが、結局何も進展がないまま私が卒業してしまい、それから疎遠になってしまっていました。
そういう関係だったため、少しの期待があったのは否めません。

これをきっかけに告白でもしてくれれば、飲み会の話のタネが増えるぞ。
今思えばそんなしょうもない理由と期待をしながら彼の家に向かいました。

彼の自宅のチャイムを鳴らすと、黒縁の眼鏡にスウェットで彼が出迎えてくれました。
家に入り、手土産に持ってきた地酒とともにそのまま二次会。
久々で話が盛り上がりました。

しかし、期待した告白などはなされないまま、そろそろ寝ようか、という流れになりました。

飲み会の話のタネはできなかったけど、楽しかったからいいかあ。
そんな気持ちで電気を消した時でした。

「今日、俺んちきてくれたのって、期待していいってことですか?」と彼。

きたきた!と思いながら、いい女ぶって、「秘密」と返す私。

彼は私の寝ているそばまで来て、「じゃあ、何も聞かないので、キスしていいですか?」と聞かれました。

驚いてしまって、時間を空けながらも「いいよ」と答え、
覆いかぶさるようにディープキス、そのまま致してしまいました。

最中は私も酔っていたこともあり、「脱喪だーーーー!春が来たぞーーー!」と
内心浮かれていましたが、さあいざ本番、というときに、すごく怖くなってしまい、
泣いてしまいました。

彼は驚きながらも、続きをしてくれようとしますが、
私が「痛い、痛い」と言いながら泣いているのを見て中断してくれました。

本番が想定以上に痛かったのもありますが、
心から望んだわけでもない展開への背徳感や、本当に初めてがこれでよいのかという後悔、
わけのわからない感情がごちゃごちゃになってその夜は涙が止まりませんでした。

途中でつらかっただろうにも関わらず、彼はそのまま私を抱きしめてくれ、
そのまま朝を迎えました。
私は彼が寝ている隙にそっと家を出て帰路へつきました…。

…というのが、私の初めての体験談です。

彼の気持ちをいいように使ってしまった後悔、自らの焦りから後悔する選択をしてしまった私の失敗談です。

あれから一年経った今でも、恋愛感情を軽い気持ちで利用してしまった後悔が尾を引いています。
あの夜に涙が止まらなくなったことで、恋愛に焦る必要はないのだと感じました。

経験のなさからくる焦りははその気になれば案外いつでも解消できるということ、
しかし、本当に好きな人と出ないと恋愛は成り立たないということを学びました…。

彼は今でも友達として楽しく話をする仲ですが、
話の中でも常に「あの時は悪かったなあ」という気持ちがあります。
そんな気持ちを持つのがもったいないなあ、と思います。

今後は焦らずとも楽しく人生を過ごす中で、本当にこの人としたい、と思えるような人と出会う日を待とう、と思えるようになった経験でした。

エロ体験文みたいになってしまいましたが、これが私の失敗談です。
後悔するくらいなら、喪女でも楽しく生きよう!

ご清聴ありがとうございました。

やめておいてよかった、あの人・・・

二十歳の頃、友達の紹介で知り合った男性がいました。同い年で、屈託がなく素直な感じに好感が持てました。話していてとても楽しく、お互いに気に入ったのでお付き合いすることになりました。

最初はあまり分からなかったのですが、付き合っていくうちに、色々と気になることが出てきました。

まず一番イヤだったことは、とてもヤキモチやきだったことです。たとえば、デートしている時も、2人で洋服を見に行った時、あとで「さっきの店員(男性)、ずっとお前のこと見てたぞ」などと言うし、私の着る洋服にも、「そんなの着たら、他の男が気になってお前のこと見るじゃないか」と言うのです。(特別露出が多いわけでもないし、客観的に見て、特にセクシーというわけではなかったと思います。ごく普通の服装です)

最初は、『ああ、私のことをそんなに想ってくれているんだ』とうれしく感じましたが、あまりにもひどいので、だんだん苦痛になってきました。

もう1つのイヤな点は、自分の友達の彼女と私を比べるということです。
友達の紹介で知り合った関係で、友達の彼氏と私の彼氏は仲の良い友達同士でした。それで、もう1組の友達カップルと合わせて、グループで遊びに行く機会も時々あったのですが、その時に、自分の友達の彼女と私を比べるのです。

一緒に食事をして私の口紅が取れると、「なんでお前だけ口紅が取れるんだ」と言い、ドライブに行ってみんなでトイレ休憩をすると、「なんでお前だけそんなに遅いんだ」と言います。私を私個人として、1つの個性として認めてくれてはいなかったように思います。

結局その人とは4年間も付き合いました。
誰だって欠点はあるし、悪い所じゃなく良い所を見るようにしよう、自分にだって欠点はあるし。と、自分に言い聞かせているうちに4年も経ってしまった感じです。
とは言え、もちろん彼にも良い所はたくさんありました。おもしろいし、優しいし。

それで、結婚するというところまで行ったのですが、結婚式の2週間前になって私が、『やっぱりこの人と結婚したら、幸せにはなれないかもしれない』という気持ちが強く湧き上がってきて、どうしてもその気持ちを抑えることができず、結局、結婚を取り止めにしてもらいました。

そのあとは、親同士の話し合いとか、結婚式場のキャンセルとかいろいろと大変でしたが、それでも、あの時あの人と結婚しなくて良かった、と今でも本当に思います。

この経験から学べたことは、合わないと思ったら、あまり長く付き合い続けない方が良い、ということです。若い時はあっと言う間に過ぎ去ってしまうのですから。

ただ楽しいだけの恋愛相手・・・

6年位前迄お付き合いしていた人がいました。
5つ年下という事もありとても可愛い感じの人で、始めは恋愛相手と言うよりも友達感覚で遊びに行ったりしていました。とても新鮮でそれらは毎回とても楽しいひと時でした。

何回か食事やドライブデートをしている内にしっかりリーダーシップをとってくれたり、細やかな気遣いもしてくれたり、男性らしさも感じられる様になってきました。
遊び友達ではなくきちんとお付き合いをする事になりました。

始めの半年間位は結婚しよう、と会う度に、親にも紹介したいと言ってくれていました。
しかし私としては仕事も順調だし未だ早いかな、1〜2年位お付き合いして、それからゆっくり準備を進めれば良いかな、と考えていました。
いづれ一緒にはなりたいけれども、もう少し待って欲しいと伝え、彼も了承してくれました。
それからも楽しいお付き合いは続きいよいよ考えていた2年間が過ぎて行き、更にまた1年、あれよと言う間に3年の年月が流れていました。

仕事も落ち着き、お待たせしました、さてそろそろでは結婚について進めて行きましょうと、切り出しました。
何だか煮え切らない様子の彼。思えばこの3年間で彼の自宅(両親と同居)に行ったのは3回程。しかも未だ親御さんには会わせてもらえていませんでした。
本当の所どうなのか、彼に問いただしてみた所、思いもかけない言葉が、結婚は出来ないと、耳を疑う程動揺しました。今更何を…。

それからも何回も話し合いをしましたが答えは同じ、今は無理、の一点張りでした。理由は親(特に母)が反対しているとの事でした。詳しい(本当の)事は分かりませんが、私が歳が上だと言う事でした。又その母さんは変わっているから仕方がないとも。

【奈良でひげ脱毛】※失敗する人と成功する人の違いがコレ!

後に大失敗だと気付きました。始めの頃に結婚準備をしていれば良かった。いや3年もただ楽しいだけで無駄に時間を費やしてしまった後悔、バカさ、呑気加減に自分で呆れてしまいました。正に後悔先に立たずです。彼の事も攻めてしまいましたが、後の祭りとはこの事を言うのだと情けなくなりました。

 

別れ話のとたんに態度が変わった男・・・

私が付き合って失敗した男は、別れ話をした途端に態度がすごく豹変したことです。付き合っていた時はとても優しくて一途な彼で仲良く付き合っていました。しかし、お金の面などでだらしなくて別れを考えていました。

そして、私が別れ話をした時に納得していなくて困りました。しかしなんとか納得させて別れたのですが、その後に私の友達のバイト先にわざわざ行って私について調べていたそうです。その友達が仕事が終わるまでお店の前で待っていたりしたらしくて本当に申し訳なかったです。
そしてその友達と私が遊ぶことをどこかで知ったらしくて友達に私に元カレとよりを戻す気がないのか聞いてと頼んだらしくてそれを全て友達に教えてもらいました。
それを聞いてさらに嫌いになってしまい、友達にも迷惑かけるような人は嫌だなと思い電話で話をすることにしました。
電話した時に彼の態度が急に変わり、電話ごしで叫ぶように怒鳴り始めました。内容は、お前は毎日俺のことが好きだって言ってたのだから別れるはずがない、とか、俺と別れるなんて頭が腐ってるとまで言われました。それで私も怒ってしまい連絡を一切取るとこをやめました。

しばらくは家に来たりしないか本当に怖かったです。でもそういったことはしなく、会うこともなくなったので別れて良かったなと思いました。
同窓会で一度姿を見ましたが、話はしなかったですしその後も友達のところに行くこともなかったようで安心しました。
別れる時にあんなに急変するような人は本当に怖いと思ったし、束縛みたいな感じも苦手なので別れて良かったです。
もう何年も経つので大丈夫だと思いますが、逆鱗に触れて刺されなくてよかったなと本気で思いました。

人生のターニングポイントとなった人

3年ほど前に付き合っていた最低な人の話です。

出会いはソーシャルアプリでした。
当時は私も何というか人肌恋しいというか、
そんな時期でした。
そんなときに話も合って、ノリもよく、見た目もそこそこだったのでデートすることに。
いい雰囲気になりその日のうちに
付き合うことになり、体の関係もありました。

付き合って数か月で
その男から求婚されました。

うれしい反面不安になりました。

よくよく話をすると
私のことが好きだから結婚したいではなく、
昇級するために所帯を持ちたいということだったのです。

その場で甘く見ないでほしいと言って別れました。
なんだと思っているんだ、と憤慨しました。

私は話も合って一緒にいて楽しかったのですが、
彼からしてみたら簡単に落とせる簡単な女だったといううことです。

悔しかったです。

でも、ネットで知り合った人に会い、付き合うってやはり
どこか裏があるのかな、と思いました。

当時の私は恋愛経験が少なかったのもあったので、
甘い言葉に騙された感は否めなかったですね。

その後は鵜呑みにせず考えつつ恋愛を楽しむようにしていました。

結局のところ、その方とはこのことがきっかけで別れました。
嘘でも好きだからと言ってほしかったものです。

でもこのことがあったからこそ
恋愛は後手に回らずに落としてなんぼだな、と思っています。

「うちには金がある」という言葉に騙された!!

5年ほど前にお付き合いした男性の話です。
職場で知り合い、共通の趣味のことを話すうちに仲良くなり、お付き合いさせてもらいました。優しく、それなりに気の利く人だったので、しばらくは楽しくお付き合いしていたのですが、同棲を考え始めてから徐々に中身が見えてきました。

彼は二世帯の実家暮らしで祖父母と一緒に住んでおり、できれば賃貸アパートなどで二人暮らしをしたいと伝えました。すると、「うちは家がある。賃貸なんかには住みたくない」と言われ、ずっと実家で暮らすつもりかと聞けば「そうだ、うちには金があるんだから出る意味がない」と。めまいがしました。

何の縁もない老人二人と同じ家に住むのはどうしても嫌だったし、ゆくゆくは私が介護をさせられるのでしょう。彼は家事の一切を祖母にまかせっきりだったため、家事など何一つできませんでしたから。
それでも、どうしてもどうしてもと強請られ、仕方なく実家での同棲で話を進めたところ、今度は私の飼っている猫を指して「家を傷つけるから猫はケージに入れて。それと毛が飛ぶから、茶の間から離れた部屋に置いて」と言い出したのです。

掃除機ひとつ満足にかけられない人が何を言っているのだろうと思いました。仕方なしに話を続けていた私はもう嫌気がさして、同棲はやめようとお断りしたところ、「うちより金のある家は他にない、何が気に食わないんだ」と怒られてしまいました。

この後すぐにお付き合いするのをやめ、職場を変えました。それきり会うこともなくなりましたが、彼がクレジットカードのリボ払いで借金地獄に陥っていると聞きました。あのまま同棲していたらと思うとぞっとします…。

常識も良識もなく、自分のものではない資産を振りかざす人ほど危険なものはいないです。今後は安易に同棲の話など出さず、お互いの環境を理解してすり合わせていける人を探そうと思いました…。

学歴重視の私が体験した恐怖の彼氏・・・

私が23歳の時の恋愛なのですが、彼は同じ職場で1歳年上でした。その頃私が恋愛相手に求めていたものはなぜか学歴と年収でした。特に学歴は絶対に譲れないと思っていたほど重要視していました。私は大した学歴もないのに、今となっては恥ずかしい気持ちでいっぱいです。

彼は研究職をしていました。見た目は長身で眼鏡をかけており、黒髪がなぜかいつもハネていました。外見だけだとオタクの雰囲気が漂っており、存在も薄かったです。
ある時、ひょんなことから彼が高学歴だということを耳にしました。その瞬間、私の彼に対する見方が180度変わったのです。今思えば本当に学歴だけを見ていたのだなと情けなくなります。
彼ほどの高学歴な人とは早々出会えないので、私は仲の良い同僚に彼が気になっている旨を打ち明けました。同僚は最初は信じられないといった感じて、やめておいた方が良いとも言われました。どうやら彼は変わり者で有名らしく、周りから一目置かれているようでした。
でもその時の私はもう彼のことで頭がいっぱいでした。同僚は渋々ながら彼と接点を持たせてくれ、連絡先を交換することができました。
彼は口数は少ないものの、特に性格に問題があるようには見えませんでした。ただやはり頭が良いので、言葉の使い方が綺麗でした。そんなところにも惹かれていき、私からの告白で付き合うことになりました。
彼は一人暮らしをしていて、インドア派らしくデートはいつも彼の家でした。ある時、彼が買い出しに行ってくると言い出かけて行きました。留守番をすることになった私は、退屈だったので散らかった部屋を掃除することにしました。
ベットの下を掃除していると、掃除機が引っかかったので覗いてみると段ボール箱が奥の方にありました。引っ張り出して中を開けた私は絶句しました。
そこには私の顔だけが切り抜かれた写真がたくさん入っていたのです。しかもなぜか私の顔の下にはテープで別の体が貼り付けられており、その体は幼女の体の写真でした。
あんなにも体が震えたのは生まれて初めてです。すぐに段ボールを元の場所に戻し、逃走しました。そして彼にはメールで別れましょうと一言だけ送りました。
それ以来学歴だけで人を選ぶことはなくなりました。

数をこなすことが重要:私が失敗した恋愛体験談

私が高校生の時のお話です。
当時私には男女問わず比較的頭の良い友達が周りに多く、同じクラスの彼もそのうちの1人でした。
私はあまり勉強は得意な方ではなかったのですが、彼が頭が良く、テストの点数を競いあったりしてだんだん仲良くなり、そのうち友達伝いに両想いだということがわかって、付き合う事になりました。が、まだ好きだと自覚してなかったころは平気で喋れていたのに、
好きだと意識した瞬間から強烈に緊張するように・・・。
上手く喋れなかったり、目を合わせられなかったり、せっかく彼と付き合い始めたのに、ずっとぎこちないまま1週間があっという間に過ぎてしまい、
ある日彼に言われました。
「もう付き合うのやめようか。」
的な事を・・・。
私が普通に接することができなかったせいで、結局彼とは自然消滅という形に。
凄くショックで2、3日は泣きました。
それを機に私は男子に慣れる練習(?)をしました。
とにかく数をこなすぞ!(笑)と。
まあ今では立派な一児の母ですし、あの時の事は今や懐かしい思い出です。
その彼とは成人式の日に会ったのを最後に会ってません。
今は懐かしい思い出ですが、お互いに家庭を持ち、幸せに過ごしているんだろうなといった感じです。

一度会って、嫌われました。最初に写真は交換しておくべきです!

私が高校生のころの話です。
当時、友達から「私の紹介をしたい人がいるんだけどいい?」と言われました。
私自身、誰かと付き合いたいという気持ちはとくに無かったのですが、友達に声をかけてもらったので、OKしました。

私とは学校が違う男の子を紹介してもらい、その人とはメールと電話をすることになりました。
実際に会ったことも、写真を見たことも無かったので、友達からどういう人かということを聞くだけしか情報はありませんでした。
相手の人にも、私が身長が低くて、細身だということしか伝えていなかったそうです。

何週間か電話をしたりメールをしたりしているのを続けていて、それから実際に会ってみることになりました。

私自身、電話とメールをしていくうちに、相手の人のことが気になりだして、付き合えたら良いなと考えていました。

そして、実際に会ってみることになり、最寄の駅で待ち合わせをして、駅のところで話をすることになりました。
私としては、相手の人はかっこよくて、好みのタイプでした。
ですが、相手の人は、会話をしているときにもあまりそっけない態度だったり、話が終わってそれぞれに家に帰り、結局相手の人からは、「俺は、恋愛感情は無いから」とメールが送られてきました。
別に、私が男の子を紹介してと友達に持ちかけたわけではなく、私は話が合ったからそれに合わせて連絡を取り合う
ようになり、結局、実際に会ってみると、恋愛感情は無いと断られ、散々な目に会いました。

おそらく、私の容姿のことは、友達が「可愛い子だから」という感じで、誇張表現をしていたんだと思います。
写真を一度でも見ていたら、イメージが掴めていたと思うのですが、相手の人のタイプとは全く違っていたんだと思います。

それからは、友達から、誰か男の子を紹介しても良いかと聞かれた時は、一応OKはしますが、こちらから恋愛感情は持たないように、友達として連絡を取ることを続けて、傷つかないようにしています。恋愛で悩んだら→初回無料電話占い

高校1年生の時から騙され続けた恋・・・

私の元旦那の話です。私と元旦那は高校の同級生で1年の時から付き合っていました。出会いのきっかけは共通の友達からの紹介でした。その時はお互い好きな人が居て相談し合ってました。で私が好きな人から振られてしまい落ち込んでる時に励ましてくれ優しくしてくれました。しばらくして、お互い何も言わないけど二人で居ることが増え、付き合う事になりました。その日にキスをしました。それから一週間ぐらいして彼の家で結ばれました。

私は初めてだったのでとても恥ずかしかったです。順調に付き合っていたんですが、ある日同じクラスの男の子から、何であいつと付き合ったの?と聞かれました。その時は深い意味は無いだろうなって思って、好きだからだよって答えました。

でも、男の子が言うには彼は先輩とも昨日ヤッたと。私は頭の中が真っ白になって、彼に本当の事を確かめるために聞きました。そしたら、先輩とは前からヤッていて昨日はノリでそうなったと。聞いたときは唖然としたし、すごく情けない気持ちになりました。

なので別れようと言うと彼は、もうしないから。ごめん。と謝ってきました。1回ぐらい許しても大丈夫かなと思ったので許したんですが、そこから彼はどんどん浮気を重ねます。2年になると1年の陸上部のマネージャー、前から関係のある先輩。私は何度も別れようとしましたが、別れてもらえず、浮気をされる度に傷付いてました。

それでも3年になり就職どうしようと話になると二人で同じ地域に行って暮らそうと言われ、まだ信用してた私はそうする事にしました。

就職も決まり卒業して同棲するようになった私達は仕事の時以外は一緒でした。ですが、次第にすれ違いが多くなっていて気付くと彼はまた浮気をしていました。風俗にも行って借金まで作っていましたし、それを問い詰めてもしらばっくれていました。

同棲も辞めて、別れるために私は家を借りて、彼が居ないうちに引っ越しました。すると誰に聞いたのか彼が新しい家に来て、謝罪し一緒に居てくれと。少し考えるからと返事をしその日は帰ってもらいました。

仕事の休みが合った時に話し合いをする事になり全部思ってる事を話すと、ちゃんとこれからは仕事をして借金も返して、浮気をしないと言いました。それからは喧嘩しながらも旅行に行ったりうまくいっていました。彼からクリスマスに結婚しようと言われましたがまだ信用出来ないなと思って返事はしていませんでした。

ちょうどその頃です、生理が来ないなっと思っていたらまさかの妊娠。避妊はしてたんですけどね。彼は喜んでいました。その姿を見て、彼は変わったんだなと信じた私は結婚する事にしました。

結婚して、子供が産まれこれから幸せな家庭を築こうと思っていましたが、彼はまた裏切りました。なんと、子供が産まれて一週間後に仕事を辞めていました。それを知らなかった私は毎日お弁当を作り送り出していました。

絶望感と怒りが込み上げてきて、役所に離婚届を貰いに行き、書いてテーブルに置き家を出て友達の家に逃げました。