6年位前迄お付き合いしていた人がいました。
5つ年下という事もありとても可愛い感じの人で、始めは恋愛相手と言うよりも友達感覚で遊びに行ったりしていました。とても新鮮でそれらは毎回とても楽しいひと時でした。

何回か食事やドライブデートをしている内にしっかりリーダーシップをとってくれたり、細やかな気遣いもしてくれたり、男性らしさも感じられる様になってきました。
遊び友達ではなくきちんとお付き合いをする事になりました。

始めの半年間位は結婚しよう、と会う度に、親にも紹介したいと言ってくれていました。
しかし私としては仕事も順調だし未だ早いかな、1〜2年位お付き合いして、それからゆっくり準備を進めれば良いかな、と考えていました。
いづれ一緒にはなりたいけれども、もう少し待って欲しいと伝え、彼も了承してくれました。
それからも楽しいお付き合いは続きいよいよ考えていた2年間が過ぎて行き、更にまた1年、あれよと言う間に3年の年月が流れていました。

仕事も落ち着き、お待たせしました、さてそろそろでは結婚について進めて行きましょうと、切り出しました。
何だか煮え切らない様子の彼。思えばこの3年間で彼の自宅(両親と同居)に行ったのは3回程。しかも未だ親御さんには会わせてもらえていませんでした。
本当の所どうなのか、彼に問いただしてみた所、思いもかけない言葉が、結婚は出来ないと、耳を疑う程動揺しました。今更何を…。

それからも何回も話し合いをしましたが答えは同じ、今は無理、の一点張りでした。理由は親(特に母)が反対しているとの事でした。詳しい(本当の)事は分かりませんが、私が歳が上だと言う事でした。又その母さんは変わっているから仕方がないとも。

【奈良でひげ脱毛】※失敗する人と成功する人の違いがコレ!

後に大失敗だと気付きました。始めの頃に結婚準備をしていれば良かった。いや3年もただ楽しいだけで無駄に時間を費やしてしまった後悔、バカさ、呑気加減に自分で呆れてしまいました。正に後悔先に立たずです。彼の事も攻めてしまいましたが、後の祭りとはこの事を言うのだと情けなくなりました。